いわしの悪ふざけ

いわしの悪ふざけ

世界の終わりとハードボイルド楽天マラソン

スパゲティーをゆでているときにはすでに妻は僕に対し深く腹を立てているようだった。遠い宇宙のはずれに放り出されたスプートニク号にだって、もう少しましな沈黙があったはずだ。 「ねえ」 彼女は台所にいる僕にむかってどなった。 ...
いわしの悪ふざけ

秘密保持契約の森(いわしの悪ふざけ)

村上春樹が大好きな企業法務おばさんが好きなように秘密保持契約書を書いたらこうなりました。紀ノ国屋のレタスは調教されているし、五反田君は国家権力を嫌う。
タイトルとURLをコピーしました